シロアリ被害が進行すると建物にどのような影響がありますか?

 2016.02.27    広報室


news-faq06
shoeikun

 
シロアリは、床下や壁の中など一般に人目につかないところで一年中活動するため、外観からは被害を発見することが困難です。被害が進行した住宅などの建物は、柱が下がり棟や軒の稜線が波を打ち、屋根瓦がずり落ちたりする危険性があります。人知れず地震や風に対する抵抗力を弱め、建物としての寿命を短くします。


ショーエイコーポレーションでは、シロアリ被害・床下環境に関するご相談を随時承っております。お困りの際は、弊社窓口までお気軽にご連絡ください。